暑い夏の栄養補給に!オートミールのアイスクリーム8選

栄養バランスがよく、ヘルシーなオートミールは、アイスクリームの材料にもなります。

オーツミルクのアイスクリームは、海外ではすでに市販されていましたが、このところ相次いで新製品が登場しています。

欧米では、朝食にアイスのシリアルを食べるのもブームなのだとか。

オートミールのアイスは、手作りで楽しめます。

意外かもしれませんが、オートミールを加えると、濃厚でなめらかな仕上がりになるのです。

ですから、卵も乳製品も必要なし。

100%植物性のアイスクリームができあがります。

オートミールはアミノ酸バランスのいい植物性タンパク質、ビタミン、ミネラルを含み、夏バテ対策にも役立ちます。

しかも、オートミールで作るアイスクリームは、ダイエット中に食べても罪悪感の少ないギルトフリーなおやつ。

ひんやりオートミールのアイスで、免疫力を維持して、暑い夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク

ヘルシーでおいしいオートミールのアイス

今回ご紹介するのは、オートミール入りアイスクリーム8種類。

ジップ袋に入れて、混ぜて、冷凍庫に入れるだけの簡単レシピです。

基本の作り方は、「シナモンアイスクリーム」を参考に。

オートミールのシナモンアイスクリーム

オートミールのシナモンアイスクリーム|乳製品なし
ヘルシーで栄養バランスがよく、シナモンの香り漂う素朴なシリアルのアイスの作り方。オートミールを加えると、クリーミーな仕上がりに。オートミール、ミルク、ブラウンシュガー、シナモンをジップ袋に入れて凍らすだけで、おいしいアイスクリームができます。

オートミールのグラノーラアイス

オートミールのグラノーラアイス|簡単おいしい朝食 
グラノーラのようなオートミールのアイスクリームの簡単レシピです。オートミールにミルク、ココナッツファイン、はちみつを混ぜて、冷凍庫に入れるだけ。夜作れば、翌朝のブレックファーストに。筋トレやエネルギーチャージにうれしい冷たいシリアルです。

バナナとヨーグルトのオートミールアイス

バナナとヨーグルトのオートミールアイスクリーム
オートミール、豆乳、はちみつ、ヨーグルト、バナナと、朝食メニューを全部ひとまとめにしたアイスクリームです。腸内環境を改善する食べ物を使ったアイスは、ビタミンB群やミネラルを含み、免疫力を高める効果も期待できます。冷たいシリアルでエネルギー補給を。

オートミールのストロベリーアイス

オートミールのストロベリーアイス|100%植物性
ビタミンCが豊富なイチゴがたっぷり入ったフルーティなアイスです。食物繊維が豊富なオートミール入り。オートミールと豆乳で植物性タンパク質が補給でき、栄養バランスのいいアイス朝食にも向いています。カロリー控えめで、罪悪感ゼロのデザートにもなります。

オートミールのピーナッツバターアイス

オートミールのピーナッツバターアイスクリーム
筋トレに最適な食材といわれるオートミールとピーナッツバターのアイスクリームです。乳製品も卵も使わない、100%植物性。オートミールもピーナッツバターも、免疫力を高める食材としても知られています。ジップ袋で作る簡単レシピ。罪悪感ゼロのスイーツ。

オートミールと桃のヨーグルトアイス

オートミールと桃のヨーグルトアイスクリーム
オートミール入りの桃とヨーグルトのアイスクリームです。とろり食感を楽しめます。オートミールに含まれる食物繊維と発酵製品のヨーグルトは、腸内環境を改善し、免疫力を上げるのに役立ちます。桃はビタミンCやビタミンEなどが豊富。美肌効果も期待できます。

オートミールのチョコレートアイス

オートミールのチョコレートアイス|おいしくヘルシー
オートミールでとろみをつけた、チョコレートアイスクリームです。カカオポリフェノール含有量の多いカカオ70%以上のチョコを使いました。オートミールに含まれる食物繊維は腸内環境を改善し、免疫機能を向上するといわれています。ギルティフリーのスイーツです。

オートミールクランチのバナナアイス

オートミールのバナナアイス|簡単ザクザクおいしい 
オートミールを使ったアイスクリームのレシピです。オートミール、バター、メープルシロップを凍らせたクランチに、バナナクリームをはさみました。バターの風味のクランチと、ほんのり甘いバナナアイスクリームが絶妙のとりあわせ。幸せいっぱいになるアイスです。

 

オートミールには、鉄や亜鉛といったミネラルの吸収を阻害するフィチン酸が、100gに0.4~2.2g含まれます。フィチン酸を減らす方法は、長時間(ひと晩)水に浸すか、発酵させるのが一般的です。
タイトルとURLをコピーしました