オートミールのストロベリーアイス|ヴィーガンスイーツ

オートミールは焼き菓子だけでなく、アイスクリームにもアレンジできます。

オートミールを加えると、卵や生クリームを入れなくても、なめらかな仕上がりになります。

暑い夏の栄養補給に!オートミールのアイスクリーム8選
ジップ袋で作るオートミールアイスの簡単レシピです。卵も乳製品もなしの100%植物性。濃厚でなめらか。オートミールは植物性タンパク質、ビタミン、ミネラルを含み、夏バテ対策と免疫力の維持にも役立ちます。ダイエット中にうれしいギルトフリーなおやつです。

今回は、イチゴがたっぷり入った、フルーティなオートミールアイスを紹介します。

ジップ袋に入れて、混ぜて、冷凍庫に入れるだけの超簡単レシピです。

イチゴはビタミンCが豊富な果物。

オートミールは食物繊維、ミネラル、ビタミンなどが含むスーパーフーズです。

イチゴのオートミールアイスは、栄養バランスがよく、おやつはもちろん、朝食にもなりますよ!

材料は、オートミール、ブラウンシュガー、ミルク(牛乳、豆乳、アーモンドミルクなど)、イチゴの4つ。

卵も生クリームも使わないので、植物性ミルクを使えば、プラントベースのスイーツになります。

作り方はとっても簡単。

材料をジップ袋に入れて、よく混ぜ、平らにして冷凍庫に入れます。

食べる少し前に冷凍庫から出して、袋をよくもむと、柔らかくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イチゴとオートミールのアイスクリームの材料と作り方

 材料 

オートミール … 1/3カップ
イチゴ … 300g(20個)
ミルク … 1/2カップ
ブラウンシュガー … 大さじ3


 作り方 

  1. ジップ袋にオートミールと温めたミルクを入れ、よく混ぜて、そのまま5分ほどおきます。
  2. イチゴをジップ袋に加えて、手でもむようにしてイチゴをつぶします。
  3. ブラウンシュガーを加えて、よく混ぜます。
  4. ジップ袋の空気を抜いて、チャックを閉め、冷凍庫に入れます。
  5. 2時間したら、一度もみ、さらに2時間ほど凍らせます。

(2014-07-03 10:11:30)

 

栄養情報(材料分) ※数値はおおよその量です

エネルギー 365kcal
タンパク質 10.4g
脂質 4.0g
炭水化物 76.1g
食物繊維 7.2g

カリウム 780㎎
カルシウム 82㎎
マグネシウム 95㎎
リン 250㎎
鉄 3.3㎎
亜鉛 1.5㎎

ビタミンA(カロチン) 54μg
ビタミンE(α-トコフェロール) 1.5㎎
ビタミンK 4μg
ビタミンB1 0.18㎎
ビタミンB2 0.11㎎
ナイアイシン 2㎎
ビタミンB6 0.21㎎
葉酸 310μg
パンテトン酸 1.66㎎
ビタミンC 190㎎

 

オートミールには、鉄や亜鉛といったミネラルの吸収を阻害するフィチン酸が、100gに0.4~2.2g含まれます。フィチン酸を減らす方法は、長時間(ひと晩)水に浸すか、発酵させるのが一般的です。

 

タイトルとURLをコピーしました