オートミールと桃のヨーグルトアイスクリーム

大きめに切った桃をゴロゴロ入れた、ヨーグルトアイスです。

オートミールを入れると、トルコアイス風のとろり食感を楽しめます。

缶詰のピーチでもOKですが、桃の季節にはぜひ生の桃で。

栄養バランスもいい、罪悪感ゼロのスイーツです。

オートミールに含まれる食物繊維と、発酵製品のヨーグルトは、腸内環境を改善し、免疫力を上げるのに役立ちます。

桃は、ビタミンCやビタミンEなどが豊富。

美肌効果も期待できるアイスクリームです。

 

栄養情報(材料分) ※数値はおおよその量です

エネルギー 284kcal
タンパク質 8.1g
脂質 2.5g
炭水化物 60.2g
食物繊維 4.9g

カリウム 620㎎
カルシウム 150㎎
マグネシウム 51㎎
リン 220㎎
鉄 1.1㎎
亜鉛 1.2㎎

ビタミンA(カロチン) 11μg
ビタミンE(α-トコフェロール)0.4㎎
ビタミンB1 0.11㎎
ビタミンB2 0.23㎎
ナイアイシン 1.6㎎
ビタミンB6 0.11㎎
ビタミンB12 0.1μg
葉酸 32μg
パンテトン酸 0.98㎎
ビタミンC 19㎎

 

オートミールには、鉄や亜鉛といったミネラルの吸収を阻害するフィチン酸が、100gに0.4~2.2g含まれます。フィチン酸を減らす方法は、長時間(ひと晩)水に浸すか、発酵させるのが一般的です。
スポンサーリンク

フルーティなオートミールのピーチヨーグルトアイス

 

材 料

オートミール … 1/4カップ
桃(白桃) … 1個
ヨーグルト(低脂肪) … 1/2カップ
ブラウンシュガー … 大さじ2ぐらい
レモン汁 … 少々

 

作り方

  1. ボウルにざく切りにした白桃を入れ、レモン汁をかけます。
  2. ジップ袋にオートミールとお湯1/2カップを入れ、よく混ぜて、そのまま5分ほどおきます。
  3. 温かいうちにブラウンシュガーを加え、溶けるまで混ぜ合わせます。
  4. 白桃を入れ、外から手でもんで、つぶしながら混ぜます。
  5. さらに、ヨーグルトを加えて、混ぜ合わせます。
  6. ジップ袋の空気を抜いて、チャックを閉め、冷凍庫に入れます。
  7. 2時間したら、一度もみ、さらに2時間ほど凍らせます。

(2016-09-11 15:50:21)

 

こちらもCheck!

オートミールのシナモンアイスクリーム|乳製品なし
ヘルシーで栄養バランスがよく、シナモンの香り漂う素朴なシリアルのアイスの作り方。オートミールを加えると、クリーミーな仕上がりに。オートミール、ミルク、ブラウンシュガー、シナモンをジップ袋に入れて凍らすだけで、おいしいアイスクリームができます。
オートミールのグラノーラアイス|簡単おいしい朝食 
グラノーラのようなオートミールのアイスクリームの簡単レシピです。オートミールにミルク、ココナッツファイン、はちみつを混ぜて、冷凍庫に入れるだけ。夜作れば、翌朝のブレックファーストに。筋トレやエネルギーチャージにうれしい冷たいシリアルです。
オートミールのバナナアイス|簡単ザクザクおいしい 
オートミールを使ったアイスクリームのレシピです。オートミール、バター、メープルシロップを凍らせたクランチに、バナナクリームをはさみました。バターの風味のクランチと、ほんのり甘いバナナアイスクリームが絶妙のとりあわせ。幸せいっぱいになるアイスです。
バナナとヨーグルトのオートミールアイスクリーム
オートミール、豆乳、はちみつ、ヨーグルト、バナナと、朝食メニューを全部ひとまとめにしたアイスクリームです。腸内環境を改善する食べ物を使ったアイスは、ビタミンB群やミネラルを含み、免疫力を高める効果も期待できます。冷たいシリアルでエネルギー補給を。
オートミールのストロベリーアイス|100%植物性
ビタミンCが豊富なイチゴがたっぷり入ったフルーティなアイスです。食物繊維が豊富なオートミール入り。オートミールと豆乳で植物性タンパク質が補給でき、栄養バランスのいいアイス朝食にも向いています。カロリー控えめで、罪悪感ゼロのデザートにもなります。
オートミールのピーナッツバターアイスクリーム
筋トレに最適な食材といわれるオートミールとピーナッツバターのアイスクリームです。乳製品も卵も使わない、100%植物性。オートミールもピーナッツバターも、免疫力を高める食材としても知られています。ジップ袋で作る簡単レシピ。罪悪感ゼロのスイーツ。

 

  

タイトルとURLをコピーしました