オートミールの豆腐風|植物性タンパク質の簡単レシピ

オートミールの特徴のひとつは、植物性タンパク質が含まれていて、プロテイン補給に役立つことです。

そこで、大豆から豆腐を作るように、オートミールを寒天で固めて、豆腐風にアレンジしてみました。

栄養バランスのいいオートミールの豆腐は、冷ややっこのようで、おかずやおつまみになります。

オートミールで作る豆腐風の簡単レシピを紹介します。

オートミールは食物繊維、ミネラル、ビタミンなどの栄養成分だけでなく、良質の植物性タンパク質も含まれています。

代替肉として大豆が注目されていますが、オートミールも活用できるのです。

オートミールを寒天で固めてアレンジすれば、もっちりつるっとした食感で、まるでお豆腐のような仕上がりに。

オートミールも寒天も食物繊維が豊富です。

食物繊維は、腸内環境を改善し、免疫機能の向上に役立ちます。

基本のオートミール豆腐にほうれん草やにんじんなどの野菜を加えると、栄養バランスもアップし、カラフルな一品に。

オートミールとほうれん草の豆腐風|プラントベース惣菜
オートミールとほうれん草を寒天で固めた栄養バランスのいい豆腐風の作り方です。オートミールは植物性タンパク質が含み、ほうれん草はβ-カロテン、ビタミンC、鉄分が豊富。オートミールと寒天に含まれる食物繊維は腸内環境を改善し、免疫力アップに役立ちます。
オートミールとにんじんの豆腐風|プラントベースお惣菜
オートミールを寒天で固めた豆腐風です。オートミールはアミノ酸バランスのいい植物性タンパク質を含んでいます。にんじんはβ-カロテンやカリウムなどが豊富、また、オートミールと寒天に含まれる食物繊維は腸内環境を改善し、免疫機能の向上に役立ちます。

オートミールの豆腐風の作り方は簡単。

まず、オートミールをミキサーにかけ、オーツミルクを作ります。

オートミールと水をミキサーに入れ、なめらかになるまで攪拌します。

次に、鍋にオーツミルクと寒天を入れ、つねに混ぜながら、沸騰させます。

沸騰したまま2分ほど加熱し、寒天がしっかり溶けたら火からおろします。

粗熱をとり、容器に流し入れて、冷蔵庫で冷やします。

今回のつけあわせは、ねぎ、しょうが、かつお節。お好きなトッピングで楽しみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オートミールの豆腐風の材料とレシピ

 材料 

オートミール … カップ1/2
水 … カップ2
寒天(粉末) … 4g


 作り方 

  1. オートミールと水をミキサーに入れ、なめらかになるまで攪拌し、オーツミルクを作ります。
  2. 鍋にオーツミルクと寒天を入れ、火にかけます。
  3. つねに混ぜながら沸騰させ、沸騰させたまま2分ほど加熱し、寒天をしっかり溶かします。
  4. 粗熱をとり、水にぬらした容器に流し入れ、冷蔵庫で冷やします。

(2016-09-12 08:09:40)

 

 

栄養情報(材料分) ※数値はおおよその量です

エネルギー 179kcal
タンパク質 6.2g
脂質 2.6g
炭水化物 35.2g
食物繊維 8.2g

カリウム 120㎎
カルシウム 27㎎
マグネシウム 47㎎
リン 170㎎
鉄 2.7㎎
亜鉛 1.0㎎

ビタミンE(α-トコフェロール)0.3㎎
ビタミンB1 0.09㎎
ビタミンB2 0.04㎎
ナイアイシン 0.5㎎
ビタミンB6 0.05㎎
葉酸 14μg
パンテトン酸 0.58㎎

 

オートミールには、鉄や亜鉛といったミネラルの吸収を阻害するフィチン酸が、100gに0.4~2.2g含まれます。フィチン酸を減らす方法は、長時間(ひと晩)水に浸すか、発酵させるのが一般的です。

 

こちらもCheck!

オートミールと豆腐のステーキ|肉なしヘルシーおかず
オートミールと豆腐のステーキ風の作り方です。豆腐にオートミールを混ぜて、フライパンで焼いただけ。もちもち食感のステーキが簡単にできます。オートミールは植物性タンパク質を含み、代替肉としても活用できます。プラントベースのおいしいお惣菜です。
オートミールと豆腐のがんもどき|ふわふわでヘルシー
豆腐にオートミールをプラスした簡単手作りがんもどきの作り方です。豆腐を減らして、オートミールを加えました。肉なしプラントベースですが、豆腐もオートミールも植物性タンパク質を含み、ボリューム満点。野菜たっぷりのヘルシー惣菜は介護食にも向きます。
オートミールのひじきの白和え風|プラントベースお惣菜
豆腐の代わりにオートミールを使った白和え風の作り方です。ひじきの煮ものにオートミールを混ぜただけの簡単レシピ。オートミールは植物性タンパク質を含み、豆腐の代わりに使うことができます。シンプルなオートミールのおかずは、介護食にも向いています。
タイトルとURLをコピーしました