ほうれん草のオートミール豆腐風|プロテイン補給にも

オートミールを寒天で固めた豆腐もどきです。

オートミールは植物性タンパク質が含み、豆腐のようにプロテイン補給にもなります。

ほうれん草はβ-カロテン、ビタミンCを含み、オートミールと組み合わせることで、栄養バランスが一層よくなります。

また、オートミールも寒天も食物繊維が豊富です。

食物繊維は、腸内環境を改善し、免疫機能の向上に役立ちます。

今回は梅干しをトッピングしましたが、お好きな味で楽しみましょう。

 

基本のオートミール豆腐の作り方はこちらで。

オートミールの豆腐風|寒天でかためたヘルシーなおかず
オートミールを寒天で固めただけで、豆腐風のおかずが簡単にできます。オートミールは植物性タンパク質を含み、栄養を補うことができます。オートミールも寒天も食物繊維が豊富、腸内環境を整えるのにも役立ちます。なめらかな食感で、介護食にも向いています。

 

栄養情報(材料分) ※数値はおおよその量です

エネルギー 214kcal
タンパク質 7.5g
脂質 5.7g
炭水化物 36.4g
食物繊維 9.2g

カリウム 250㎎
カルシウム 64㎎
マグネシウム 74㎎
リン 210㎎
鉄 2.7㎎
亜鉛 1.1㎎

ビタミンA(カロチン) 630μg
ビタミンE(α-トコフェロール)0.6㎎
ビタミンK 41μg
ビタミンB1 0.12㎎
ビタミンB2 0.07㎎
ナイアイシン 0.9㎎
ビタミンB6 0.10㎎
葉酸 50μg
パンテトン酸 0.62㎎
ビタミンC 3㎎

オートミールには、鉄や亜鉛といったミネラルの吸収を阻害するフィチン酸が、100gに0.4~2.2g含まれます。フィチン酸を減らす方法は、長時間(ひと晩)水に浸すか、発酵させるのが一般的です。
スポンサーリンク

ほうれん草たっぷりオートミール豆腐で免疫力アップ

材 料

オートミール … カップ1/2
水 … カップ2
ほうれん草 … 1株
ねりごま … 小さじ1
寒天(粉末) … 大さじ1

 

作り方

  1. オートミールと水、ほうれん草をミキサーに入れ、なめらかになるまで攪拌します。
  2. 鍋にほうれん草入りオーツミルクと寒天を入れ、火にかけます。
  3. つねに混ぜながら沸騰させ、寒天を完全に溶かします。
  4. とろみがつくまで、よく混ぜ合わせます。
  5. 水にぬらした型に流し、冷やします。

 

こちらもCheck!

オートミールと豆腐

オートミールと豆腐のステーキ|肉なしヘルシーおかず
オートミールと豆腐のステーキ風の作り方です。豆腐にオートミールを混ぜて、フライパンで焼いただけ。もちもち食感のステーキが簡単にできます。オートミールは植物性タンパク質を含み、肉なしでもボリューム満点。栄養バランスのいいメインディッシュに。
オートミールと豆腐のがんもどき|ふわふわでヘルシー
豆腐にオートミールをプラスした簡単手作りがんもどきの作り方です。豆腐を減らして、オートミールを加えました。肉なしですが、豆腐もオートミールも植物性タンパク質を含み、ボリューム満点。野菜たっぷりのヘルシーなおかずは、介護食にも向いています。
オートミールのひじきの白和え風|簡単ヘルシーなお惣菜
豆腐の代わりにオートミールを使った白和え風の作り方です。ひじきの煮ものにオートミールを混ぜただけの簡単レシピ。オートミールは植物性タンパク質を含み、豆腐の代わりに使うことができます。シンプルなオートミールのおかずは、介護食にも向いています。

 

 

  

タイトルとURLをコピーしました