スイートコーンのグラノーラ|オートミールおいしい朝食

朝食として人気のグラノーラ。

日本でもいろいろな味が楽しめるようになりましたね。

グラノーラは、アメリカが発祥とされているシリアル。

オートミールに、ナッツやドライフルーツ、植物油、そしてメープルシロップといった甘味料を混ぜて、オープンで焼いて作ります。

牛乳などのミルクをかけて食べるのが一般的です。

グラノーラは簡単に手作りできます。基本的なレシピはこちらで。

自家製グラノーラの簡単レシピ|オートミールでアレンジ
朝食として人気のグラノーラはオートミールを使って簡単に手作りできます。基本のレシピを紹介します。自家製グラノーラなら、いろいろアレンジが楽しめ、しかもリーズナブル。オートミールのグラノーラは、腸内環境を整え、免疫力を高める効果も期待できます。

今回は、スイートコーンたっぷりのグラノーラの作り方です。

フライパンで乾煎りしたオートミールにスィートコーンとスープの素を混ぜ、牛乳や豆乳を注ぐだけ。

スープ感覚のグラノーラが簡単にできあがります。

温かくても、冷たくても、おいしくいただけるスィートコーンのグラノーラ。

ホットにする場合は、インスタントのコーンスープに混ぜてもOKです。

ささっとできて、栄養バランスがいい、満腹感のある朝食に。

もちろん、夜食にもおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スィートコーンのグラノーラの材料とレシピ

 材料 (1人分)

オートミール … 1/2カップ
スイートコーン … 大さじ2
コンソメスープの素 … 1個(小さじ2)
牛乳か豆乳 … 1/2カップ
パセリ … 少々


 作り方 

  1. フライパンにオートミールを入れ、弱火で乾煎りします。
  2. 少し色が変わり、芳ばしい香りがしてきたら火を止めます。焦げないよう注意してください。
  3. この乾煎りしたオートミールに、スイートコーンとコンソメスープの素を混ぜます。
  4. 温めた牛乳か豆乳を注ぎ、パセリをトッピングします。

(2014-05-01 11:45:49)

オートミールには、鉄や亜鉛といったミネラルの吸収を阻害するフィチン酸が、100gに0.4~2.2g含まれます。フィチン酸を減らす方法は、長時間(ひと晩)水に浸すか、発酵させるのが一般的です。

 

 

こちらもCheck!

404 NOT FOUND | オートミール365日
タイトルとURLをコピーしました