ヨークシャー・パーキン|オートミールの伝統お菓子

ヨークシャー・パーキンは、11月5日のガイ・フォークス・ナイトに食べるイギリスのお菓子です。

イギリスには、オートミールを使ったお菓子がいくつかあります。

そのなかのひとつが、黒蜜とジンジャー入りのオートミールの焼き菓子ヨークシャー・パーキンです。

 

ヨークシャー・パーキンというお菓子が生まれた歴史を少し。

11月5日のガイ・フォークス・ナイトとは、1605年にイングランドで起きた火薬陰謀事件にちなんだお祭りです。

火薬陰謀事件とは、イングランド国教会優遇政策の下で弾圧されていたカトリック教徒の一部が、国王ジェームズ1世らを爆殺するというもの。

上院議場の地下に大量の火薬を仕掛け、1605年11月5日の開院式に出席する国王ジェームズ1世らを爆殺しようと企てたのですが、実行直前に露見し、失敗に終わりました。

実行責任者のガイ・フォークスらは捕らえられ、処刑されました。

 

この事件以来、イギリス各地では、11月5日を「ガイ・フォークス・ナイト」と呼び、毎年この日にガイ・フォークスを表す人形を市中に曳き回して火で焼くのが行事となったのです。

現在では、打ち上げ花火の祭りが行われています。

 

ヨークシャー・パーキンは、ソフトなカステラ風のものから、ハードなクッキー・タイプまで、地域によって異なるようです。

今回参考にしたレシピは、かなり固いクッキー。

柔らかくするには、水で黒蜜の濃度の調整をしてください。

その際、甘さは砂糖で加減してくださいね。今回は、日本の黒蜜を使い、焼き上げました。

素朴な味で、美味しいですよ!

スポンサーリンク

黒蜜とジンジャー入りオートミール焼き菓子

 

材 料

オートミール … 2と1/4カップ
薄力粉 … 1と1/2カップ
塩 … 少々
砂糖 … 大さじ1と1/2
ジンジャーパウダー … 少々
ナツメグパウダー … 少々
黒糖蜜 … 3/4カップ
バター … 1/2カップ
牛乳 … 1/3カップ
ベーキングパウダー … 小さじ1

 

作り方

オートミール、薄力粉、塩、スパイスをボールに入れて混ぜます。

バターを加えた黒糖蜜を熱くなりすぎないようにゆっくり温めます。

別の鍋で牛乳をひと肌に温め、ベーキングパウダーを加えます。

黒糖蜜と牛乳をオートミールの入ったボールに注ぎ、よく混ぜます。

クッキングペーパーを敷いた焼き皿に生地を流し込み、180℃で予熱したオーブンで40分以上焼きます。

(2015-11-05 22:12:16)

こちらもCheck!

イギリスのお菓子

オートミールのスコーン|イギリス伝統お菓子の作り方
イギリスの代表的なお菓子といえば、スコーン。難しそうですが、ポリ袋を使うと、意外と簡単に手作りできます。イギリスの料理家マルグリート・パットンさんのレシピを参考にした、オートミール入りのスコーンの作り方の紹介です、ミルクティーによく合います。
フラップジャック|焼かないオートミールの英国お菓子
イギリス人にはおなじみの素朴な伝統お菓子フラップジャックの簡単レシピです。小麦粉も卵もなしで、オートミールだけで作った焼かないスイーツ。バター風味とゴールデンシロップという糖蜜のスタンダードと、ピーナッツバター味の2種類を紹介します。
オートミールのクリスマスプディング|英国伝統お菓子
イギリスの伝統的なクリスマースケーキといえば、ドライフルーツがたっぷり入ったクリスマスプティング。ずっしり濃厚なケーキです。パン粉と小麦粉の代わりに、オートミールを使い、ふんわり仕上がりに。蒸す時間を含めて1時間ほどでできあがります。
タイトルとURLをコピーしました