オートミールのフランチピザ|おいしくヘルシー

タルトフランベ(Tarte Flambée)は、フランスのアルザス地方の郷土料理。

薄くのばした生地に、フロマージュ・ブラン(クリームチーズ)をぬり、玉ねぎやベーコンなどの具材をのせて焼いた、フランス風のピザです。

生地は小麦粉で作るのですが、オートミールと米粉で代用してみました。

本来のパリパリした食感とは少し違い、オートミールと米粉の生地はもちっとした仕上がりですが、それでも、おいしいです。

フロマージュ・ブランの代わりに、水切りヨーグルトを使いました。

ベーコンもなしで、トマトをちらしました。

カロリーは低めです。

 

栄養情報(材料分) ※数値はおおよその量です

エネルギー 410kcal
タンパク質 11.2g
脂質 3.0g
炭水化物 83.1g
食物繊維 5.0g

カリウム 400㎎
カルシウム 100㎎
マグネシウム 58㎎
リン 240㎎
鉄 1.7㎎
亜鉛 2.1㎎

ビタミンA(カロチン) 340μg
ビタミンE(α-トコフェロール)0.6㎎

ビタミンK 3μg
ビタミンB1 0.15㎎
ビタミンB2 0.15㎎
ナイアイシン 1.0㎎
ビタミンB6 0.21㎎
ビタミンB12 0.1μg
葉酸 45μg
パンテトン酸 0.94㎎
ビタミンC 17㎎

オートミールには、鉄や亜鉛といったミネラルの吸収を阻害するフィチン酸が、100gに0.4~2.2g含まれます。フィチン酸を減らす方法は、長時間(ひと晩)水に浸すか、発酵させるのが一般的です。
スポンサーリンク

オートミール生地のタルトフランベ

材 料

オートミール … カップ1/3強
米粉 … カップ1/2
お湯 … 50ml
玉ねぎ … 1/4個
ミニトマト … 3個
水切りヨーグルト(低脂肪) … 大さじ2
塩コショウ 適量
ナツメグ(なくても可)

 

作り方

  1. ボウルにオートミールとお湯を入れ、5分ほどそのままにします。
  2. オートミールをつぶすように混ぜ、そこに米粉と塩ひとつまみを入れ、手でこねます。
  3. 生地をまるめて、30分ぐらいねかせます。
  4. 玉ねぎを細切り、プチトマトを4等分にします。
  5. 生地を薄くのばし、水切りヨーグルトをぬります。
  6. 玉ねぎとプチトマトをのせ、塩コショウ、ナツメグをふります。
  7. オーブントースター、または250℃のオーブンで15分ほど焼きます。

 

こちらもCheck!

オートミールで作るフランス料理!

オートミールのアリゴ|フレンチ伝統料理にアレンジ
アリゴとは、マッシュポテトにニンニク、チーズを加えた、フランスのオーベルニュ地方の伝統料理。お餅のように伸び、肉や蒸し野菜につけて食べることができます。マッシュポテトの代わりに、オートミールを使うと、調理時間がぐっと短くなり簡単にできます。
オートミールのキッシュ|生クリームなしで簡単ヘルシー
オートミールを使った、フランスの郷土料理キッシュの作り方です。生クリームをオートミールで代用し、卵の量も減らして、オートミールでカバーしました。具はお好みで。パイシートで作る簡単レシピ。カロリー低めのヘルシーなキッシュに仕上がっています。
オートミールのフランス風サラダ・タブレ|サラダご飯に
オートミールを使った、フランスではおなじみのサラダ、タブレの作り方です。スムールというパスタの代わりに、スティールカットオーツを使います。ターメリックで色づけし、切った野菜を混ぜるだけの簡単レシピ。食物繊維が豊富で栄養バランスのいいサラダです。
オートミールのリエット|簡単おいしいフランスのお惣菜
豚肉を使ったフランスの人気お惣菜リエットにオートミールを加えたレシピです。肉の量を半分にして、スティールカットオーツを加えました。作り方は簡単です。オートミールは良質な植物性タンパク質を含み、肉の代わりにも使うことができます。ヘルシーな一品に。
オートミールと野菜のパテ|小麦粉なしでヘルシーな惣菜
肉の代わりにオートミールを使ったヘルシーな野菜のパテの作り方です。ほうれん草、玉ねぎ、にんじんとおなじみの野菜をたっぷり入れました。パウンドケーキ型に入れて焼くだけの簡単レシピ。オートミールは良質の植物性タンパク質を含み、ボリューム満点です。
オートミールの野菜テリーヌ|ヘルシーなフランスお惣菜
オートミールと野菜を寒天で固めた、お洒落でヘルシーなテリーヌのレシピです。オートミール、ほうれん草、ニンジン、シイタケ、セロリを重ね、コンソメ粉末を加えた寒天で固めました。作り方は簡単。栄養バランスがよく、ボリュームたっぷりのごちそうです。

 

  

タイトルとURLをコピーしました