オートミールのスコーン|イギリス伝統お菓子の作り方

イギリスの代表的なお菓子といえば、スコーン。

ポリ袋を使って、意外と簡単に手作りできます。

オートミール入りのスコーンは、イギリスの料理家マルグリート・パットンさんのレシピを参考にしました。

材料をすべてポリ袋に入れて混ぜ合わせ、成形して焼くだけです。

ジャムやはちみつ、クロテッドクリームを添えると、本格的に。

素朴でおいしいスコーンは、ミルクティーによく合います。

 

オートミールには、鉄や亜鉛といったミネラルの吸収を阻害するフィチン酸が、100gに0.4~2.2g含まれます。フィチン酸を減らす方法は、長時間(ひと晩)水に浸すか、発酵させるのが一般的です。
スポンサーリンク

オートミール入りヘルシーでおいしいスコーン

材 料 (6個分)

小麦粉 … 1.5カップ
オートミール … 1/2カップ
ベーキングパウダー … 小さじ1/2
塩 … 少々
バター … 大さじ2~4
牛乳 … 適量

 

作り方

  1. ポリ袋に小麦粉、オートミール、ベーキングパウダー、塩をいれて、よく混ぜます。
  2. バターを加え、さらに混ぜます。
  3. 牛乳を少量ずつ加え、生地をまとめます。
  4. ポリ袋に入れたまま、約2㎝の厚さにのばし、ポリ袋の両端をはさみで切ります。
  5. コップなどで円にくりぬくか、三角形に切り、クッキングペーパーをしいた天板に並べます。
  6. 220度で予熱したオーブンの一番上の段で、15分焼きます。

 

こちらもCheck!

イギリスのお菓子

ヨークシャー・パーキン|オートミールの伝統お菓子
パーキンは、オートミールを使ったイギリスの伝統焼き菓子。ソフトなカステラ風から、ハードなクッキータイプまで地域によって異なり、有名なのが、英国北部のヨークシャー・パーキン。黒蜜とジンジャー入りのオートミールのお菓子は、簡単に手作りできます。
フラップジャック|焼かないオートミールの英国お菓子
イギリス人にはおなじみの素朴な伝統お菓子フラップジャックの簡単レシピです。小麦粉も卵もなしで、オートミールだけで作った焼かないスイーツ。バター風味とゴールデンシロップという糖蜜のスタンダードと、ピーナッツバター味の2種類を紹介します。
オートミールのクリスマスプディング|英国伝統お菓子
イギリスの伝統的なクリスマースケーキといえば、ドライフルーツがたっぷり入ったクリスマスプティング。ずっしり濃厚なケーキです。パン粉と小麦粉の代わりに、オートミールを使い、ふんわり仕上がりに。蒸す時間を含めて1時間ほどでできあがります。
タイトルとURLをコピーしました