オートミールとルバーブのマフィン|ヘルシーなお菓子

マフィンなどに使うオートミールは、インスタントオーツやクイックオーツ、またはロールドオーツが多いのですが、スティールカットオーツも焼き菓子の材料になります。

今回は、スティールカットオーツとルバーブのマフィンの作り方です。

スティールカットオーツは、オーツ麦を粗くカットしたもの。

つぶつぶ食感のスティールカットオーツを使うと、しっとり食べごたえのあるマフィンができあがります。

マフィンに加えたのは、フキのような長い形の赤い野菜ルバーブ。

フルーツではないのですが、酸味があり、ジャムやお菓子によく使われます。

このルバーブをたっぷり入れて、マフィンを焼きました。

ルバーブの旬は春から夏にかけてですが、冷凍ルバーブでもおいしく焼きあがります。

ルバーブはビタミンK1が豊富で、ビタミンC、カルシウム、食物繊維を含みます。

オートミールや卵と組み合わせることで、栄養バランスのいいヘルシーなおやつになります。

作り方は簡単です。

まず、スティールカットオーツを準備します。

スティールカットオーツは熱湯とスープジャーに入れて3~4時間おくと、柔らかくなります。冷凍保存もできるので、作っておくと便利です。

 

あとは、材料を混ぜて焼くだけ。

甘酸っぱいルバーブのマフィンは、朝食やおやつにぴったりです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オートミールとルバーブのカップケーキの材料とレシピ

 材料 (6個分)

小麦粉 … 1/2カップ
スティールカットオーツ … 1/2カップ
熱湯 … 1カップ
ブラウンシュガー … 1/3カップ
ベーキングパウダー … 小さじ1
塩 … 小さじ1/8
卵 … 1個
ヨーグルト … 1/2カップ
植物油 … 1/8カップ
ルバーブ … 1カップ


 作り方 

  1. スティールカットオーツと熱湯をスープジャーに入れて蓋をし、3~4時間そのまま置いて、ふやかします。
  2. オーブンを200度に予熱します。
  3. ボウルに小麦粉、スティールカットオーツ、ブラウンシュガー、ベーキングパウダー、塩を入れ、混ぜ合わせます。
  4. 別のボウルに卵を入れて、軽く泡立て、ミルクと植物油を加え、よく混ぜます。
  5. 2と3を混ぜ合わせ、オートミールが柔らかくなるまで、少しおきます。その間、ルバーブを細かく切ります。
  6. 4にルバーブを入れて、混ぜ合わせます。
  7. マフィン型に生地を入れ、オーブンで25分ほど、マフィンの縁がこんがり色づくまで焼きます。

 

オートミールには、鉄や亜鉛といったミネラルの吸収を阻害するフィチン酸が、100gに0.4~2.2g含まれます。フィチン酸を減らす方法は、長時間(ひと晩)水に浸すか、発酵させるのが一般的です。

 

 

こちらもCheck!

ブルーベリーとオートミールのマフィン|簡単おいしい
ブルーベリーが入った、オートミールのマフィンの作り方。材料を混ぜて焼く、簡単レシピです。小麦粉は使わず、オートミールだけなので、しっとりした食感。ブルーベリーは、眼精疲労やストレスを癒す効果が期待されています。冷凍で3ヶ月保存が可能です。
オートミールとかぼちゃのマフィン|免疫力アップおやつ
かぼちゃとオートミールのシナモン風味のマフィンの作り方。ボウルひとつで作れる簡単レシピです。小麦粉なしで、メープルシロップで優しい甘さに仕上げました。カボチャはカロテンが豊富。オートミールはビタミンB群を含み、どちらも免疫力を高める食材です。
タイトルとURLをコピーしました